GSの「Classic Star」賞と「ミスコン」

日本最古のミスコンは1891年(明治24年)。


浅草にあった凌雲閣(りょううんかく)で企画された「百美人」コンテストです。


日本では最も高い12階建ての塔で、雲を凌ぐほど高いことから凌雲閣と名付けられました。


でも実際は「12階」と呼ばれることが多かったそう。


画像




ミスコンの参加者は一般女性ではなく、各地の芸者たちでした。


公平性の観点から、全て同じように撮影されたものを使用し、投票で1位となったのは新橋の玉菊でした。


画像

Source of the image: Types of Japan Celebrated Geysha of Tokyo


ちなみに、2005年のチャン・ツィイー主演の映画「SAYURI」(Memoirs of a Geisha)の大ヒットによって、”Geisha"は世界的によく知られるようになりました。


と同時に、「芸者」について海外では相当間違った解釈をされるようになりました。


画像


踊りは超前衛的な圧巻の振付ですが、もはや「芸者」とは別物です。


ただ映画としての完成度は高く、独自の芸者ワールドを構築しています。







画像


突然ですが、ミスコンは女性差別でしょうか?




よく言われるのが、女性の価値を外見や振る舞いによって判断することが差別だそう。


「美」という先天的なことを競っていることが、差別と呼ばれる決定的な理由です。






ミスコンに参加する人には各々の理由があります。




自分を他者に認めて欲しいから。


ミスコンをきっかけにして、アナウンサーやアイドルになりたい。


自分には何の才能もないけど、容姿だけには自信があるから。


どれも正当性のある理由です。





高校時代に友人の一人が、甲子園自体が差別だから廃止にして欲しいと本気で願っていました。


画像


甲子園に出場するためには、先天的な資質が大きく影響するからだそう。


本当の理由は、小さい頃から努力してもレギュラーメンバーになれなかったことと、高校時代に好きだった女性が、高校野球の大ファンだったことです。


画像


その当時1980年代を代表する漫画が、あだち充が描く「タッチ」でした。


野球は人気競技であるが故、先天的に才能があり体格に恵まれた人が多く集まり、さらに皆努力を惜しみません。


でも、野球の才能がある人が活躍できる場ですので、たとえ差別だとしても廃止するべきではありません。





野球などのスポーツとは違いますが、世間から評価される学者になることも才能です。


画像


また、ノーベル賞などの栄誉を得られる人は、努力もさることながら、先天的な資質も大きいと言えます。




容姿に自信がある人が活躍できる場であるミスコン。


それを廃止することに正当性はあるのでしょうか?


画像


もう一度問います。


ミスコンは女性差別ですか?



いいえ、決して差別ではありません。


この世界は僕らが想像するよりも遥かに残酷です。


先天性と差別を結びつけるのであれば、大きな矛盾が生じます。


だって、どの世界でも究極的には先天的な資質が勝負を分けているじゃないですか?


そもそも美しさを維持するには、自己管理などの後天的な努力無くしてはありえません。





ミスコンに限らず、様々なジャンルに「賞」が存在します。


栄誉を勝ち取ることは、客観的な評価としてとても大きな意味があります。





今回、グランドセイコーが非常に大きな評価をされました。


画像


初代グランドセイコー リミテッドコレクション 2017「復刻デザイン」SBGW253が、「Watchstars Awards 2017/2018」において、「Classic Star」賞を受賞。
「Watchstars Awards」は、世界各国の時計有識者、記者、コレクターからなる審査員により、5つのカテゴリーで「ベスト ウオッチ」を選考する授賞プログラムで、今年で4年目を迎えます。
ブランドからの応募ではなく、腕時計業界で著名な審査員が独自に投票して賞を決定しています。
「Classic Stars」カテゴリーでは、3針とカレンダー、パワーリザーブが付くベーシックな時計が対象となります。
今回の選出にあたり、「素晴らしい美しさへの追求とムーブメント。グランドセイコーのコンセプトを最も良くあらわしている。復刻版がどのようにあるべきかの完璧な例。」と評価されています。

REASON WHY
The state of the art vision of Grand Seiko concept. Wonderful aesthetic and movement. The perfect example of how a reedition should be.

今回はあえて訳しません。


ただ英語に精通している方なら、この原文を見ていかに高い評価だったか理解されるかと。


SBGW253については何度もブログに書いていますので、特に多くは語りません。

画像


あえて一点だけこのモデルの魅力を挙げるとすれば、ケース径がオリジナルの36mmより拡大し38mmとなったことです。


視認性が高まり、迫力が増したことで現代的に蘇りました。


そして体の大きな海外の人の間で大きな評価に繋がりました。






今回「Classic Star」には多くの素晴らしい作品がノミネートされています。


惜しくも受賞出来ませんでしたが、ノミネートされた中から個人的に好きな腕時計を3本選定してみました。


IWC

Da Vinci Automatic


ケース径は40mmで、厚さ10mm。



画像


サイズが若干大きめですが、実際に着けると大きさを感じさせず、非常に実用的で時間が見やすいのが特徴です。


そしてこのグレー文字盤が本当に上品ですね。




Nomos Glashütte

Club Campus 36


ケース径は36mmで、厚さ8.2mm。


画像


サイズ感とこの素朴な顔がいいですね。


必要なものは全て兼ね備えています。


ドイツではちょっと贅沢なプレゼントとしても人気を博しています。




Zenith

Elite Classic


ケース径は39mmで、厚さ9.5mm。


画像


ローズゴールドとブラウンのコンビネーションが素敵過ぎます。


ゴールドウォッチでありながら品があります。


難点はやはりコーディネートの難しさ。


人を選びます。




これまでに、4年間で20本の腕時計が選出されましたが、日本ブランドの受賞は今回が初めてです。


ちなみに今までに受賞した腕時計はどのようなものだったのでしょうか?


まずは昨年の受賞から紹介していきます。


WINNERS 2016/2017

Rolex

Oyster Perpetual Air-King


画像




WINNERS 2015/2016

Omega

Globemaster

画像




WINNERS 2014/2015

A. Lange & Söhne

Lange 1

画像


どれも「賞」に恥じない完成度の高いものばかりです。


今回の受賞はグランドセイコーの世界進出にとって何よりも嬉しいニュースでした。


グランドセイコーの存在感を世界に知らしめるべく、さらに前進を続けて欲しいですね。



Source of images;


















ライカ ゾフォート ミント
ライカ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ライカ ゾフォート ミント の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"GSの「Classic Star」賞と「ミスコン」" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。