タイメックスとアメリカ

もうすぐ7月4日です。 7月4日は、1776年にアメリカ独立宣言が交付されたことを記念する祝日です。 ここぞとばかりに至る所でド派手なイベントが繰り広げられます。 当時はイギリスが世界を支配していた時代で、アメリカはイギリスの植民地でした。 イギリスに打ち勝つための独立戦争を戦っていた最中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カシオ オシアナスと江戸切子

突然ですが「江戸切子」をご存知ですか? 俳優かモデル? 確かに、江戸さんも切子さんも普通にいますよね。 あまり馴染みの無い方なら、聞いたことが無くても不思議ではありません。 「江戸切子」とは江戸時代末期になって江戸から生まれた伝統工芸で、その美しい紋様のカットが施されたガラスの器は海外…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

和紙とシチズンの融合

シチズンの最高級ライン「The CITIZEN」より、土佐和紙の文字盤を採用した光発電エコ・ドライブ搭載モデルが発売されます。 ケースやブレスレットはステンレスではなくスーパーチタニウムです。 通常チタンはステンレスのような輝きにはなりませんが、職人が手作業でザラツ研磨を施すことで、チタンとは思えないほどの鏡面仕上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少数民族「モン族」のリアル

先日久しぶりにクリント・イーストウッド監督・主演の「グラン・トリノ」(Gran Torino)を見ました。 監督自らが演じたのは、フォードの自動車工を退職したポーランド系米国人コワルスキーです。 隣の家に住むモン族タオとの友情と、タオに嫌がらせを続けるモン族ギャングを中心にストーリーは展開されます。 ハリウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

格差社会のリアル

2010年の「PRESIDENT」にて、村上敬さんが上流・下流のライフスタイルについて分析しています。 例えば所有している時計についての調査から。 上流 1.ロレックス 2.セイコー 3.オメガ 下流 1.カシオ 2.セイコー 3.シチズン セイコーはどちらにもランクインしていますが、価格の幅があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂漠でも正確に同期「SATELLITE WAVE GPS F990」

2011年に発売された、世界初の人工衛星から時刻情報を受信する光発電時計。 シチズン 「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ」 世界限定990個が発売されましたが、瞬く間に売り切れてしまいました。 海外でも発売前に予約で完売だったほどです。 \336,000(税込)は一見高価ですが、開発費…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グランドセイコーの鏡面仕上げとは?

グランドセイコーの鏡面仕上げは本当に美しく、光が当たった際に白く光るその様は日本刀を連想させます。 よくグランドセイコーはキラキラしていると言われますが、それは光を意識した視認性を重視したデザインだからです。 僕の最初のグランドセイコーは、2013年にリリースされた44GSの復刻モデルSBGW047でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A GMT-Master II Pepsi in steel

僕は2カ国表示が出来る腕時計が大好きです。 職業柄、最低でも常に2カ国の時間を確認出来ることが重要です。 2カ国の時間はiPhoneで見ることも可能ですが、腕時計が持つGMT機能の安心感には代えられません。 その中でも実用性で圧倒的な性能を誇るのは、ロレックスのGMTマスターです。 アメリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界に誇る日本の「BONSAI」

盆栽=BONSAI 日本が世界に誇る文化。 1990年代頃から、「BONSAI」の名で海外で評価されるようになりました。 日本で盆栽と聞くと、おじいちゃんの趣味を彷彿とさせるかもしれません。 確かにあまり若いイメージはないですよね。 やはりサザエさんで見ていた「波平さん=盆栽」のイメージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スターバックスとは何なのか?

スターバックス(Starbucks) 世界で最も有名なコーヒーショップと言っても過言ではありません。 アメリカ西海岸のシアトルで1971年に創業しましたが、当時はただのコーヒー焙煎の会社でした。 ハワード・シュルツ(Howard Schultz) 29歳だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more