パテック・フィリップ [アクアノート] の魅力

             アクアノート

画像

       

パテック・フィリップのスポーツモデルと言えばアクアノートとノーチラスです。

             ノーチラス

画像

       


一般的なパテック・フィリップの時計はステンレス素材を使いませんが、この2モデルに関しては日常生活に馴染むステンレス製です。


ただ、最近の価格高騰には本当に驚いています。


需要に応じて価格が高騰するのが市場原理ですから、それだけ人気があるとも言えますね。


僕は海外のパテック・フィリップ正規店で、アクアノートのエクストララージ(ステンレスベルト)を購入しましたが、今の市場価格より遥かに安価でした。


予約をして一年以上待つと覚悟していたのですが、実際は数カ月程度で連絡があり入手に至りました。


画像


ええ。本当にそんな感じでした。


過去のブログでも触れましたが、最大の魅力は、ケース厚 8.1mm という驚異的な薄さでありながら、防水120m (ねじ込みリューズ仕様)を兼ね備えていることです。


アクアノートはオンオフ問わず使えますので、土日を挟む出張にも重宝します。


ノーチラスはビジネス色が強く、なんとかオフにも使えるかなっていう位置付け。


良く言えば大人っぽいけど、悪く言えば若々しさに欠けます。


アクアノートは、まさに雲上ブランドが世に送り出した、実用時計の最高傑作と言っても過言ではありません。






さて、今年の1月にパテック・フィリップからメールで連絡があり、1996年に発行されたパテック・フィリップマガジンの創刊号や、2014年の創業175周年記念特別号など3冊まで無料で頂ける運びとなりました。


いわゆるバックナンバーのお取り寄せなのですが、全て無料なのが粋なサービスですね。


限定オファーと銘打った特別感もあり、ちょっと興奮します。


で、送って頂いたのが下記の3冊です。

画像

画像

画像


いつもながら表紙の完成度が半端ないです。


こういった高次元のサプライズ企画が、やはりパテック・フィリップだなあと感心させられます。


製品単価が高いからこそ可能なサービスとも言えますが、このような顧客の囲い込み戦略に見習うべき点は大いにあります。


顧客データーベースを活用したマーケティングは、ほぼ全ての企業が取り入れていますが、その手法と効果は千差万別です。

画像


僕らの期待を超える特別な体験が感動を生み、それがブランドへの忠誠心に繋がります。

画像


パテック・フィリップは、最高の時計を生み出すだけではなく、そのマーケティングもずば抜けています。
















[チャムス] CHUMS Booby Canvas Tote Green
CHUMS

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



"パテック・フィリップ [アクアノート] の魅力" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。