スターバックスとは何なのか?

画像


スターバックス(Starbucks)



画像



世界で最も有名なコーヒーショップと言っても過言ではありません。


アメリカ西海岸のシアトルで1971年に創業しましたが、当時はただのコーヒー焙煎の会社でした。






画像

ハワード・シュルツ(Howard Schultz)





29歳だった彼は、1982年にマーケティング責任者として入社しました。


その後、1983年にコーヒー豆の買い付けにイタリアを訪れます。


最高のエスプレッソと居心地がよいコーヒーショップ。


感銘を受けたハワードは、1985年にスターバックスを辞めて自らのコーヒーショップをオープンしました。


そして1987年にスターバックスを買収


その後のスターバックスの奇跡の快進撃は言わずもがなです。






当時のアメリカではコーヒーがとても安く、どのコーヒーショップでも、1ドルあれば気軽にコーヒーを楽しむことが出来ました。


そんな中、スターバックスの3ドルから5ドルもするコーヒーは驚くほど高額なものでした。






画像

経営学の第一人者ドラッカーは、マーケティングとは「自然に売れる仕組みを創ること」だと断言しています。


これを真摯に実践したのがハワードです。


スターバックスのコンセプトは、「家庭」「学校・職場」に続く「第三の場所」を提供することです。


アメリカの社会学者レイ・オルデンバーグが、1989年に著書「The Great Good Place」で第三の場所を提唱しています。


孤独な都市生活者に、出会いや良好な人間関係を築く、家庭と職場の間にある重要な場所こそが第三の場所(third place)だと。

画像

画像


自分らしさを取り戻せる場所。

画像


ストレスの多い現代社会だからこそ注目される概念です。




ハワードは、最高のコーヒーと居心地のよい空間(第三の場所)の創造に加え、最高の従業員を育てることに力を注ぎました。

画像

画像





発展途上国に行けば、よりスターバックスの凄味を実感できます。


特に他店スタッフとのレベル差が圧倒的過ぎます。


僕は何度も「雰囲気だけスタバ」なコーヒーショップで痛い目にあっています。


中南米では、コーヒーショップの店員が、外にコーヒーを買いに行って顧客に提供するという驚愕の体験もありました。


こういった場所でのコーヒーの不味さは想像を超えていて、もはや新種のドリンクと言ってもいいでしょう。


もしかすると、作っている人が本物のコーヒーを飲んだことが無いのかもしれません。


どんな国や地域でも、スターバックスは安定した品質でハイレベルなサービスを提供しています。


どんな時でも、いつもの美味しいコーヒーが飲めて、安心して寛げることに大きな意味があります。


自然に売れる仕組みが出来ているからこそ、価格を下げる必要が無く、逆に値上げによって更なる高みを目指すことが実現できます。






確かに、マクドナルドのコーヒーも本当に美味しいですね。


それがスターバックスの驚異になるかと言えば、それはまた別の問題です。


スターバックスに行く人は、美味しいコーヒーと寛げる空間を大切にしています。


よく話題になるスタバ vs マックの構図は、目指しているものがあまりにも違うため成り立ちません。






"Starbucks represents something beyond a cup of coffee."

(スターバックスは1杯のコーヒー以上のものを提供しています。)


数あるハワードの名言の一つです。


憩いの空間の追求は今もなお続いています。




「世界の美しすぎるスタバ17選」




スターバックスの建築は本当に個性的です。


様々な国や地域で、特徴的な色を打ち出しています。


メキシコシティのチャプルテペック公園内に、僕のお気に入りのスターバックスがあります。

画像


自然との調和が実に見事で、「世界の美しすぎるスタバ」の称号にふさわしい演出です。

画像


スターバックスのロゴと木々の融合、店内を突き抜ける樹木など、超絶感動的です。






ハワードはニューヨークの貧民街ブルックリンで生まれ、教育を受ける機会もままならない苦しい生活をしていました。

画像


貧困を知っているからこそ、今ハワードはあらゆる手段で社会貢献に力を注いでいるのかもしれません。

画像





アメリカのスターバックスは倫理的な調達を掲げ、コーヒー豆をプレミアム価格で買い取ることを提唱しています。


そしてメキシコ・チアパス州の自然保護区では、コーヒー栽培を行う小規模農家を強力に支援しています。


メキシコのスターバックスで飲むチアパス産のコーヒーは、とても爽やかな酸味と、明るい香りが特徴的です。




チアパス州の人口の3分の1はメキシコ公用語のスペイン語を話せないマヤ系先住民族です。


多くは極めて貧しい農民で、生きることすら厳しい過酷な環境です。



ビジネスを知らない農民は、常に大企業から極めて悪い条件を突き付けられます。


そして今日を生き抜くため、家族のために、コストすら下回る値でコーヒー豆を売らざるを得ません。


その現実がさらに貧困を加速させます。





画像

スターバックスはフェアトレードを自社のCSRに掲げ、コーヒー豆を農家から適正価格で買い取っています


画像

スターバックスからの教育によって、農家は大企業の言いなりにならず、どんなコーヒーを販売するべきか自ら学び、更なる成長が期待出来ます。




企業と農家を結ぶ「倫理的な取引」




画像

誰もがハッピーになれることが、永続的に続くビジネスの本質です。


ハワードの社会貢献はチアパスに限らず、世界中に大きな広がりを見せています。





画像

画像


そんな背景を知った上でチアパス産のコーヒーを飲むと、更に感慨深い気持ちになりますね。


画像

画像




スターバックス ヴィア コーヒーエッセンスギフト SV-22A
Starbucks(スターバックス)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スターバックス ヴィア コーヒーエッセンスギフト SV-22A の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







スターバックス オリガミ パーソナルドリップコーヒー SB-20E
Starbucks(スターバックス)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スターバックス オリガミ パーソナルドリップコーヒー SB-20E の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"スターバックスとは何なのか?" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。