カオサン・ロードの憂うつ

画像


突然ですが、タイと聞いて何を思い浮かべますか?




タイ舞踊?


画像

伝統的な装飾衣装と指の動きが美しいですね。


指先の芸術と称され、歴史があり奥が深い舞踊です。




でも今日はタイ舞踊ではなく、バンコクのカオサン・ロード(Khao San Road)について話したいと思います。


画像

わずか300mほどの道ですが、この界隈に多くの外国人が訪れます。


俗に「バックパッカーの聖地」と呼ばれ欧米を中心とした外国人に親しまれています。


画像




ちなみにカオサンとは精米した米や脱穀した米を意味します。


古くは江戸時代の江戸や大阪のように、米問屋の街として賑わっていました。






カオサンは、タイなのにタイ人より外国人が多い特殊な地域です。


近年、お洒落なカフェやクラブが増加してからタイ人が集まるようになりましたが、それでも半分以上を外国人が占めています。


カオサンにはバックパッカー向けの安価なホテルが立ち並び、レストランやカフェ、雑貨屋などがひしめき合っています。


強烈に甘いタイ風ミルクティー、搾りたての南国フルーツジュース、タイ料理の屋台などがたくさんあって飲み食いには困りません。


もちろんタイマッサージの店も多数あります。




画像

画像

こんな長閑な光景もカオサンならではです。




まさに無国籍都市とも言えるカオサンは、日本人の間では評価が分かれます。


決して安全とは言えない地域ですので、旅慣れしていない方にはお勧めできません。






マダム・ムーサー(Madame Musur Bar & Restaurant)

画像



ここでは、本格的な北タイ名物料理がリーズナブルな価格で味わえます。


木や竹で構成された建築は、否が応でも無人島にいるかのような雰囲気にさせます。


画像

とても落ち着ける雰囲気の店内から外を眺めていると、世界中から集まってきた個性豊かな旅人と時間を共有できます。


画像

住所: 41 Soi Rambutri, Chana Songkram, Phra Nakhon District, Bangkok



画像

画像

画像

本当にこの店から通り過ぎる旅人を眺めていると時間を忘れます。






昔は、安さを求めてカオサンに訪れる人が多かったのですが、最近では観光客が増え物価の上昇が止まりません。


なんか複雑な気分です。


今この瞬間のカオサンはもう二度と見れません。


そういった混沌とした面白さがカオサンにはあります。
















"カオサン・ロードの憂うつ" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。