クレイグ・ケリーとは何だったのか

画像


クレイグ・ケリー


画像


スノーボードの神と呼ばれた男です。




画像


競技としての滑りではなく、人に感動を与える滑り。


画像


表現の手段としてのスノーボード。


彼はまさにスノーボード界の革命家でした。




僕もそんな彼の滑りに魅了された一人です。


バートンの板で滑る彼を見て、僕はスノーボードを始めました。


大学時代に長年親しんだスキー板から、スノーボードの板に履き替えた時、とても辛かったことを覚えています。




辛かった点は二つあります。


一つは、思うように滑れなかったことです。


何と言ってもいきなり初心者ですから。




もう一つは、スノーボードがマイナーだった故に、スキー場も限られていました。


そして、当時スノーボードはスキーヤーから煙たがられる存在でした。


画像


1987年末に原田知世主演の映画「私をスキーに連れてって」が公開されてから、少なく見積もっても5年~10年はスキー黄金期が続いていましたので致し方ありません。


でも、今やスノーボードはスキーと全く同等のステイタスです。






米国ワシントン州のマウントバーノン。


とても長閑で静かな街です。


マウントバーノンのRoozengaarde Display GardenとTulip townは知る人ぞ知る名所です。


画像

画像


広大な土地に、これでもかと言うぐらい色とりどりのチューリップが埋め尽くされています。


どちらも甲乙付け難い米国屈指のチューリップ畑です。




1966年、彼はここで生まれ、15歳でスノーボードを始めました。


そして1986年から1990年代初頭まで多くの大会を制しました。




彼がスノーボードのトップブランドであるバートンと契約を結んだのは1989年です。


バートンは世界発となるクレイグ・ケリーのシグネチャーモデルをリリースしました。


画像


当時はシグネチャーモデルなんて発想が無かった時代です。


その後は、多くのブランドが、専属のトップライダーが使用するシグネチャーモデルを商品化しました。




バートンはクレイグ・ケリーと共に確固たる地位を築きました。


バートンを劇的に進化させ、ブランド価値を高めたのも彼の功績の一つです。






ビデオやフォトグラフでスノーボードの素晴らしさを表現したのも彼が最初です。


冒頭で話したように、90年代初頭はスノーボードの歴史がまだ浅く、マイナーなスポーツとして見られていました。


でも今やスノーボードは世界的にメジャーなスポーツです。


そして大会ではなく、ビデオの世界で活躍するプロのライダーも多く存在します。


その礎を築いたのは紛れもなく彼です。






画像


圧雪されていない雪山。


画像





「バックカントリースノーボード」




雪山本来の地形を感じながら滑り降りる時、水の上のような浮遊感を味わうことができます。


ゲレンデではない自然の雪山を滑るには、雪崩に巻き込まれないための知識が必要になります。


彼はバックカントリーガイドとなり、安全に雪山を滑るにはどうすればいいか常に実践してきました。


画像






2003年1月20日。




ガイド中に雪崩に巻き込まれた彼は、二度と帰らぬ人となりました。


彼が愛したカナダのブリティッシュコロンビア州レベルストークでの事故でした。






人が死ぬときに後悔することって何でしょうか?






愛する人に「ありがとう」と伝えられなかったことです。






いつ何が起きるか予測不可能なのが人生です。


毎日を大切にしないといけないですね。






偉大な功績を残したクレイグ・ケリーが、何も後悔していないことを願っています。













"クレイグ・ケリーとは何だったのか" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。