あえての「ハワイ」

画像


日本の芸能人は「正月ハワイ」と言われるほどハワイが好きですね。


一般の方は、年末年始、ゴールデンウイーク、お盆休みと、大型連休にハワイに行かれるケースが多いとされています。






以前、海外旅行オンライン予約の最大手「エクスペディア」が、日本でハワイに行ったことがある方にこんな質問を投げかけました。




「ハワイにもう一度行きたいですか?」




「はい」が94%で、「いいえ」が6%でした。




かなり驚異的な数字ですね。


でも、なんでですかね?



トップ3の理由がこちらです。


1位 ビーチがきれい

2位 日本語が通じる

3位 ショッピングが楽しめる



なんかやけに普通ですね。


とは言え、この理由3つが揃うリゾートはハワイ以外には思い浮かびません。




全米ベストビーチランキングで堂々1位となったオアフ島東部のラニカイビーチを筆頭に、エメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜が本当にきれいです。


確かに日本語もよく通じます。


それもそのはず、アジア系の比率が約40%で、その中でも日系人の比率は約17%です。


アジア系の全米比率の平均は約4%ですので、驚異的な割合ですね。


そして極め付けは、ビーチから徒歩圏内に高級ショップが並ぶストリートが広範囲に展開しています。




でも実を言うと、この3つの条件が完全に揃う場所はオアフ島のワイキキ周辺だけです。


全ての日本からの直行便は、ハワイの玄関口オアフ島ホノルル国際空港に到着します。


ワイキキへはタクシーかUberで20分程度です。




また、ワイキキ周辺以外の場所ではリアルな米国を存分に楽しめます。




初級者から上級者まで幅広く受け入れる懐の深さも、ハワイの魅力の一つです。




画像


ハワイは大きく6つの島々から構成されています。




どの島も個性があり魅力的ですが、その中でもカウアイ島は特別な場所です。


画像

画像

画像


なんか恐竜が出てきそうでしょ?


画像



画像


「ガーデン・アイランド」と呼ばれ、島の大部分が手つかずの大自然に覆われた亜熱帯の秘境で、遥か昔にタイムスリップしたかのような錯覚に陥ります。


映画のロケ地として「太平洋のハリウッド」の異名も持ちます。


「ジュラシックパーク」、「アバター」、「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」など、ロケ地として使われた作品は数え上げればキリがありません。


ちなみにジョージ・クルーニー主演の「ファミリー・ツリー」もここで撮影された映画です。



ファミリー・ツリー [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-06-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ファミリー・ツリー [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ジョージが家族との関係を見つめ直す父親を演じ、世界的に高く評価されました。


カウアイ島の大自然が効果的に使われ、とても美しく感慨深い作品に仕上がっています。




人生は予想外の連続です。


でもちょっと辛抱すれば道は必ず開けます。


そんな気持ちになれる素敵な映画ですので、機会があればぜひご覧ください。


画像

画像


ちなみに原題は「The Descendants」で、「子孫たち」または「末裔たち」といった訳がしっくりきます。


邦題の「ファミリー・ツリー」(=Family Tree)の意味は「家系図」です。


邦題が「愛と○○の」の類じゃなくて好感が持てますね。






さて、僕がハワイで過ごすときは、セスナで空からハワイの絶景を見渡すのが定番です。


こちらがセスナから撮ったワイキキです。


画像


眼下に望む景色は、地上から見るものとは全く違った異次元の美しさを堪能できます。


画像




ハワイの一番の魅力は何でしょうか?



僕は、秘境とも言える大自然を気軽に満喫できる点がとても好きです。


もちろんワイキキもいいです。




でも少し冒険してカウアイ島などの離島に足を延ばせば、さらにハワイの虜になること請け合いです。










"あえての「ハワイ」" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。