ニューバランス(NEW BALANCE)

画像


アメリカのマサチューセッツ州ボストン。


画像


夜をより美しく演出するガス灯が有名な赤レンガの高級住宅街「Beacon Hill」。


画像

画像

画像

画像


中世ヨーロッパかと錯覚する幻想的な風景と近代的な摩天楼が織り成す、歴史と芸術に溢れた街、それがボストンです。





画像



1906年


矯正靴メーカーとしてニューバランス社が誕生しました。


ニューバランス社によれば、社名の由来は、履いた人に“新しい(new)、バランス(balance)”感覚をもたらすことだとか。


矯正靴の製造には、医学的な側面が強く、極めて高度な知識が要求されます。




1960年代


この経験を基にして、ニューバランス社として初となる、特注ランニングシューズの製造が開始されました。




1972年


6名の従業員で日産36足の生産規模だったニューバランス社を、現New Balance Athletics Inc.取締役会長「ジェームス・S・デービス」が買収しました。


彼は自らランナーとして走り続け、開発に従事した結果、誰も想像したことがない、新たなシューズコンセプトを確立しました。




1970年代後半


今の原型ともなる、新世代のシューズコンセプトを取り入れたシューズを発表します。


それが多くのランナーから絶大な支持を得て今日に至ります。





画像


実は、ぼぼ全ての大手シューズメーカーのシューズは、中国やベトナムなどで製造されています。


ところがニューバランスは、今でもイギリスやアメリカの工場で、経験を積んだ靴職人が手縫いでシューズをつくっています。


画像


人件費の高騰で中国やベトナムに製造拠点を移すメーカーが多い中、アメリカでのシューズ生産を続けている唯一のブランドが「ニューバランス」です。


当然、コストは販売価格に反映されます。


それでもニューバランスは、靴職人による製造に強くこだわっています。


「craftsmanship」は、日本ではクラフトマンシップと言われ、職人魂、気概や誇りのことを表します。


ニューバランスには、今でもこのクラフトマンシップが確かに息づいています。





画像

画像


ニューバランスは、ランニングシューズの枠を超え、ファッション業界でも強烈な存在感を誇っています。


画像

画像

画像


ストリートでは多くのニューバランスを履いた方達が、既成概念を壊すコーディネートで自らを表現しています。


画像

画像

画像


若者だけではなく、大人が履いても実にしっくりきます。




なぜ、これだけ幅広い層に受け入れられているのでしょうか?




クラフトマンシップが宿る完成度の高さと、さり気ない高級感が、多くの方達を惹きつけています。


ニューバランスは、ペンで言えばモンブラン、時計で言えばオメガのように人を選びません。


このシューズに比肩するブランドは、「オニツカタイガー」と「ナイキ」ぐらいでしょうか。


少しレトロな雰囲気のシンプルなモデルから、アスリート向けのハイテクモデルまで、ニューバランスは幅広いラインナップを揃えています。


まだニューバランスを試したことが無い方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。








"ニューバランス(NEW BALANCE)" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。