モンブラン(Montblanc)という芸術品

ビジネスパーソンにとってペンは極めて重要な道具です。


エグゼクティブの多くが、ペンに愛着を持ち長く大切に使っています。


また欧米では、年収とペンの価格は概ね比例すると言われています。





海外でビジネスをしていると、相手の前で契約書にサインをする機会がよくあります。


この時、100円ボールペンでサインをしたら相手はどう思うでしょうか?


おそらく、相手は良い印象を持たないはずです。





一般的にエグゼクティブは、秘書や社員からドキュメントを渡されサインを求められることが頻繁にあります。


その時も、やはり100円ボールペンでは、エグゼクティブとしての品格を疑われます。


将来経営者になるかもしれないあなたが、100円ボールペンを使っていることにショックを受けるでしょう。


100円ボールペンが許されるエグゼクティブは、スティーブ・ジョブズのような、相当突き抜けた人だけです。


このレベルまでくれば、100円ボールペンも愛嬌となりえますし、何か狙いがあって、あえてはずしているはずだと勝手に勘違いしてくれます。





世界最強の頭脳集団として名高いコンサルティングファーム「マッキンゼー」では、誰もがペン1本にまで強くこだわるそうです。


それは、相手に与える印象を徹底的に追求することが、仕事の質向上にもつながるという姿勢からきています。


これがまさにブランドの体現、超一流と呼ばれるマッキンゼー流です。


実際、僕がビジネスを共にしたマッキンゼーの社員は、皆自らがブランドだと言うことを理解しているが故に、持ち物に対するこだわりは尋常ではなかったです。





ペンと言っても、様々なペンが存在します。


何を選んだら正解なんでしょうか?



モンブラン(Montblanc)

画像


モンブランは、1924年にマイスターシュテュック万年筆を製作したことから始まる、世界で最も有名なペンブランドです。

画像


ビジネスの現場で、モンブランのペンを一度も見たことが無い方はいないと思います。


「マイスターシュテュック プラチナ クラシック ボールペン」

品番: 2866


画像


モンブランの歴史をつくったと称賛される伝統的なモデルです。


Simplicity is the ultimate sophistication.


(シンプルさは究極の洗練である。)


レオナルド・ダ・ヴィンチの名言です。


画像

画像


このペンを形容するにふさわしい表現です。


決してエグゼクティブにとって高価なペンではありません。


しかし、十分過ぎるほどの品格があります。


このペンは、エグゼクティブから上を目指す人まで、全ての人にお勧めです。


ペンをホワイトシャツの胸ポケットに入れたとき、さり気なく、モンブランを象徴するホワイトスターが見え隠れします。
画像


そして、契約書にサインするときも、自然とホワイトスターが主張してくれます。





画像


本当は万年筆をお勧めしたいところですが、実用面から見て、圧倒的にボールペンに軍配が上がります。


でも、純粋に書くことを楽しめるのは、間違いなく万年筆です。


使い込むほどに書きやすく馴染んでくるのが最大の魅力です。


腕時計で言ったら、あえての手巻き時計でしょうか。





モンブランを愛用している著名人は極めて多く、誰もがその価値を認めています。


画像


世の中には、モンブラン同様に、芸術的で素晴しいペンをつくるブランドは確かに存在しますが、モンブランを凌駕するブランドは存在しません。


僕が最初に購入した高価なペンはこのモデルでした。


現在、様々なブランドのペンを使っていますが、今もこのモデルを愛用しています。



Source of images: Montblanc










"モンブラン(Montblanc)という芸術品" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。