ビジネスで使う腕時計は革ベルト?

画像


ビジネスシーンで使う腕時計には革ベルトがお勧めです。


特に、スーツにネクタイが必須な職業であれば尚更です。


今でこそ、ビジネスシーンでステンレスベルトもありですが、昔はドレスウォッチと言えば革ベルトが王道でした。


さらに、最近では、スーツにラバーベルトやナイロンベルトなどを合わせる方もいますので、正直、革ベルトをお勧めするのは心苦しくもあります。




シーン別に、最も適したベルトは何でしょうか?



1.ブラックタイ


画像


いかにシンプルさを追求できるかが勝負です。


ドレスウォッチにブラックレザーバンドが、保守的でありながら最高の選択です。



2.ビジネス(スーツ&タイ)


画像


やはり、シンプルさを追求しましょう。


ドレスウォッチに革ベルトが最強のコンビです。


007に憧れているとしても、ダイバーズウォッチは諦めて下さい。


よほどのセンスを持った人以外は野暮ったくなります。



3.ビジネス(ジャケパン)


画像


今どきのジャケパンスタイルに、ネクタイなしスタイルであれば、クロノグラフや、パイロットウオッチもいけます。


もちろん、革ベルトを選択して下さい。


伝統的に、ステンレスバンドはフォーマルではありません。


革バンドであれば、どんなシーンでも使えますが、ステンレスバンドはカジュアルウェア専用です。



4.カジュアル


画像


ダイバーズウォッチからナイロンベルトまで何でもありです。


心置きなく好きな腕時計とベルトを選んで下さい。





いかがでしたか?


今の時代、革ベルトにこだわる人は少なくなりましたが、それでも、伝統を重んじる人は世界的に大勢います。


僕も、海外出張には実用性を重視して、ステンレスベルトを好む傾向にありますが、やはり革ベルトへのこだわりは強くあります。




革ベルトの寿命は1年~2年です。


ステンレスベルトなどと違い、常日頃から手入れも必要です。


湿気や汗を乾かすために、毎日続けて使用できません。


手間がかかるからこそ、愛着がわくのかもしれませんね。



Source of the image: www.patek.com/jp












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック