「マンダリン・オリエンタル・バンコク」一度は泊まりたいバンコクの一流ホテル

画像

マンダリン・オリエンタル・バンコクは、世界的にも最高級ホテルとしてよく知られています。

画像

1887年にバンコク初の西洋風ホテル「ザ・オリエンタル・バンコク」としてチャオプラヤ川沿いに誕生してから、まさに「生ける伝説」として君臨しています。


作家の三島由紀夫もこのホテルに魅せられ、ここで「暁の寺」を書き上げました。


1974年に、香港に拠点を置くマンダリン・オリエンタルホテルグループに買収され、2008年9月に現在の「マンダリン・オリエンタル・バンコク」の名称になりました。

画像

そして、バンコクでは、最も豪華なホテルと言われています。


世界中の多くのマンダリン・オリエンタルホテルの中で、最もコストパフォーマンスがいいホテルです。



画像

空港からホテルまでは、BMW7での送迎サービスもあります。

渋滞に巻き込まれなければ、約45分でホテルに到着します。



画像

マンダリンオリエンタルバンコクのホテルのロビーに到着するやいなや、その格調高い美しさに息を呑むことでしょう。


車がホテルのエントランスで停車した瞬間から、最高のサービス、豪華さ、贅沢さを堪能できます。



画像

画像

ほとんどの部屋が川沿いに面し、広々とした空間を満喫できます。

画像

部屋は、北欧ヴィンテージ家具に代表される、深みのある木の色、細部まで計算されたフォルム、そして洗練された佇まいのチーク材で統一されています。


部屋全体が、タイの伝統を残しながら、現代的な解釈を反映して美しくデザインされています。


厳選された最高級の寝具と、ほどよい硬さのベッドも秀逸です。

画像

豪華な大理石のバスルームは、ダブルシンク、深めのバスタブ、独立したシャワーエリアを備えています。


ユーカリのバスソルトで疲れを取ったあとは、シルクのバスローブをまとって極上の時間を過ごせます。



画像

画像

中華料理が好きな方は、ぜひ「ザ・チャイナ ハウス」で夕食を楽しんでください。


画像

画像

1920~30年代にかけて、最も上海が輝いていたと言われる、アールデコ時代をイメージしています。


ザ・チャイナ ハウスは、ホテル本館から少し離れたロケーションで、豪華な邸宅のような佇まいとなっています。


ほどよく暗い店内は、赤と黒が基調の照明が雰囲気を盛り上げ、アンティーク調の内装など、随所に独特の演出が施されています。


優雅でアヴァンギャルドな雰囲気の中で、最高峰の広東料理を堪能できるレストランです。


料理の盛り付けの色づかいがとてもきれいです。


ただ美しく芸術的なだけではなく、味も超一流です。


バンコクには本格的な中華料理店がたくさんありますが、その中でもここは群を抜いて絶品です。


ちなみに、2010年公開の中山美穂主演の映画「サヨナライツカ」の中でも、この「ザ・チャイナ ハウス」が効果的に使われています。




画像

画像

画像

画像

「ザ・チャイナ ハウス」以外にも、8軒のレストランとバーがありますので、食事で困ることはありません。


その様子は、まるでグルメタウンのようです。




画像

レジャーアクティビティとして、タイクッキングスクールも用意されていますので、タイ料理に興味がある方は、またとない機会ですので、ぜひご参加ください。




画像

チャオプラヤー川が見える最高のロケーション、「リバーサイドテラス」で朝食です。


まだ気温が高くない早朝の涼しい風を感じながらの、「リバーサイドテラス」でのコーヒーは格別です。


対岸のワット・アルンを見ながらコーヒーを飲んでいると、完全に現実逃避しちゃいます。



4月は一年を通して最も暑く、日中はじっとしていても、うだるような厳しさです。

画像

タイは今週、毎年恒例の水掛け祭りとなりますので、バンコク市内で、突然水をかけられても平気なように、しっかりとプロテクションが必要です。だからといって、ホテル内で水をかけられることはありませんのでご安心を。

画像

画像




タイと言えばマッサージですね。

画像

画像

ここの「スパ」は、「心身を癒す」がテーマとなっています。

画像

世界最高ランクの評価を何度も受けている、世界最高のスパです。

画像

伝統的なタイ古来の手法に、現代的な手法を取り入れており、様々なバリエーションの中から、好みのスタイルを選ぶことができます。


海外のホテルなどで、多くのマッサージを受けた経験がある方だけでなく、初めての方など、どんな方でも満足できるよう、経験豊富なスタッフに事前相談も可能です。


金額も高いですが、この極上体験の満足度はそれ以上です。




画像

画像

画像

プールは2種類あります。


ゆったりとした時間を過ごすための、緑に囲まれたプールと、本気で泳ぎたい方に最適な25mプールがあります。


また、体を動かしたい方のために、ムエタイ、ヨガ、テニスなど、多くのアクティビティが用意されています。


かつて多くの文豪がこのホテルに長期滞在していました。


そういった事情もあってか、宿泊客を飽きさせない工夫が随所に見られます。




画像

画像

画像

タイ国内では、元祖アフタヌーン ティーとも言われ、まさにレジェンドと呼ばれる「オーサーズ ラウンジ」です。

画像

タイでアフタヌーンティーと言えば、ここが最高峰です。


僕もよく利用していますが、もう何も言うことはありません。とにかく何もかもが最高です。




画像

「リモワ」ファンならたまらないですね。


リモワとマンダリンのコラボラゲッジです。


ドイツのルフトハンザ航空とのコラボラゲッジは、空港のラウンジなどで使っている方によく遭遇しますが、マンダリンのコラボラゲッジは、一度も見たことがありません。


他人とかぶりたくない人には特にお勧めです。


限定品ではなく、ホテル内のショップで購入可能です。


画像



ここに来れば、間違いなく比類のない体験が待っています。


チャンスがあれば、ぜひ一度宿泊してみてください。



マンダリン・オリエンタル・バンコク

48 Oriental Avenue, Bangkok, 10500, Thailand

Tel: +66 (2) 659 9000

Email: mobkk-enquiry@mohg.com



地球の歩き方 D17 タイ 2017-2018
ダイヤモンド社
2017-02-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 地球の歩き方 D17 タイ 2017-2018 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック