iPhone vs Android

画像

AppleのiPhoneは、独自の「iOS」を搭載しています。

つまりiOSで動くスマートフォンはiPhoneだけです。

画像

画像


それに対して、他のスマートフォンのOSは、今や大半が「Android」です。


「Appleの1社 vs 他社全て」のような構図になっています。


画像


2009年では、iOSとAndroidを合わせたシェアが2割に満たなかったのが、今では、この2強でシェアを独占するようになりました。


特に、Androidの躍進が凄まじいですね。

Appleは初期段階でシェアを独占していましたが、Androidに苦戦を強いられています。


Googleに属しているAndroidはLinuxベースで、一部はオープンソースとなっています。


この会社は、Android Inc.によって開発され、2005年にGoogleに買収されました。



Androidは、発展途上国を中心として市場シェアを拡大していますが、米国、ヨーロッパなどの先進国では、圧倒的にiOSが強い状況です。


アジアやアフリカなどの発展途上国でiOSがシェアを伸ばせない理由は単純です。


iPhoneが極めて高価だからです。

画像

SIMフリーがメインの市場で、大容量モデルは10万円以上のプライスです。


iPhoneは、これらの国でもステイタス性が高く、非常に人気があります。

しかし、一般の方は、月収よりも高価なiPhoneが買えず、安価な中国製などのAndroidスマートフォンを利用しているのが現状です。


実際、発展途上国の富裕層の多くがiPhoneを使っています。



セキュリティー面では、Androidが劣りますが、多くのユーザーはそれほど気にしていないようです。


それよりも、新しいAndroid OSで、アップグレードしたときに発生する、アプリの不具合などが大きな問題だと捉えている傾向があります。

iOSでも同様のトラブルはありますが、Androidの不具合は、頻度で上回っています。


App StoreとGoogle Playストアの大きな違いは、Appleがより厳格で高度な管理をしている点です。


Google Playで利用できるアプリの数は、桁違いにApp Storeを上回っていますが、数が多すぎるゆえ、一定の管理レベルに達していません。



ご存知のように、App Storeは、使いやすいだけではなく、美しくスタイリッシュにデザインされています。

これに対して、AndroidはGoogle Playストアで幅広い非常に多くのアプリを提供しています。


画像


Appleユーザーは、整然と整理されたApp Storeで、Androidユーザーと比較し、より多くのオンラインショッピングを利用しています。


Androidユーザーの選択肢は広いですが、それがオンラインショッピングの利用数には結びついてはいません。

しかし、Androidの場合、アプリ内広告がメインの収益源となっています。



将来、この2強はそれぞれの個性を活かして、独自の道を進んでいくでしょう。


韓国を中心としたAndroid勢には、台頭する中国製の安価なスマートフォンメーカーと、熾烈な価格競争が待っています。

画像

画像


これに対して、Appleのステイタス性は全世界で極めて高く、イタリアのフェラーリなどのように、他社との差別化をより加速させプレミアム化すれば、価格競争の渦に巻き込まれることはありません。

画像

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック