パテック最強<ノーチラス トラベルタイム クロノグラフ 5990/1A-001>

世界最高の時計ブランドと言えば、


「パテック・フィリップ」



1976年にリリースされた、


「ノーチラス」

画像


これまでドレスウォッチが主流だったパテックにとって異色な存在でした。

潜水艦「ノーチラス号」の舷窓にインスパイアされたデザインとなっています。

画像

当時にしては、非常に大型で、

左右に耳がある、独特のデザインとなっています。

画像

時計界のピカソと言われたジェラルド・ジェンタのデザインです。

有名な話ですが、オーデマピゲの「ロイヤルオーク」のデザインも手がけています。


ロイヤルオークが50m防水で、日常生活防水の域を出ていませんが、

ノーチラスは120m防水となっています。


スポーティなステンレスモデルという見た目だけではなく、

実用性も兼ね備えているところが凄いですね。


もっと言えば、スポーティなのにエレガントなんです。

画像

まさに水陸両用、ビジネスシーンから遊びまで、

どんなシチュエーションも一本でカバーできる史上最強の時計です。

画像


ちょっと古いですが、バーゼルワールド2014で発表された、


「ノーチラス トラベルタイム クロノグラフ 5990/1A-001」

画像

これは、現時点でも最高の実用コンプリケイションモデルです。


通常のノーチラスとの違いは、


2つのタイムゾーンの表示を、シンプルな操作で表示する、

パテックならではの、トラベルタイムファンクションを搭載しています。

画像

9時位置に、2つのボタンが美しく配置されています。

画像

例えば、8時位置にあるプッシュボタンを一度押すと、

出張先の時刻用のブラック針が1時間先に進みます。

画像

10時位置のプッシュボタンを一度押せば、1時間戻ります。


一度使うと、そのあまりのシンプルさに驚きます。

シンプルでありながら、とても実用的です。


さらに、3時と9時の位置にある、四角いインジケーターで、

日本時間と出張先の、昼か夜かが一目で確認できます。

画像

僕は、今までに、ロレックスのエクスプローラー2やGMTマスター、

ジャガールクルトのマスターホームタイムなどを使ってきました。


これらの時計も、2つのタイムゾーンの表示ができます。

画像

海外出張時に、日本時間と現地時間が一目で分かる、

GMTウオッチは、究極に実用的です。

画像

このパテックのトラベルタイムファンクションは、

斬新で、他のどのブランドにも似ていません。


現代においても、モダンなジェラルドジェンタのデザインを、

新たな技術によって、審美的に昇華させています。

画像


Source: www.patek.com





















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック