英語社内公用語化

「英語社内公用語化」


最近ではあまり珍しくなくなってきています。

それだけ、グローバル化が進んでいるのでしょう。

画像

英語社内公用語化と言えば、

真っ先に頭に浮かぶのが「楽天」ですね。

画像


楽天のウェブサイトから、

Englishnization (英語化)について下記に抜粋しました。


2010年、社長の三木谷が社内英語公用語化を打ち出し、約2年間の移行期間を経て、2012年7月より社内公用語を英語に正式移行しました。社内公用語英語化は、「世界一のインターネットサービス企業を目指す」楽天がグローバルなビジネス環境で競争に勝っていくために必要不可欠でした。社員に対しては間違いを恐れずにシンプルな英語(Plain English)で積極的にコミュニケーションを行うことを推奨しております。


画像

画像


※ FinTechとは、楽天グループの金融サービスの総称で、楽天カード、楽天銀行、楽天証券、楽天生命などのサービスです。

国内外のグループ各社を含めた楽天グループとして、
1. 世界での一体感のある経営体制の構築、
2. 世界を相手に戦い抜くための競争力、
3. 国内外のグループ社員間の円滑な情報共有、
4. 世界中の優秀で多様な人材の積極的な採用等
を推進するために、社内英語公用語化は避けては通れない必要条件だと考えています。


画像


楽天の社内英語公用語化は海外グループ社員や海外からの入社希望者に非常に好感を持たれており、外国籍の社員も年々増加傾向にあります。
英語が苦手な社員も部内で勉強会を開いたりなど真剣に取り組んでいる人が多くいます。その結果、楽天㈱の社員のTOEIC平均スコアは800点以上となりました。また、楽天では、世界中の楽天グループの支社での研修できる海外研修プログラム“GEP (Global Experience Program)”を社員に提供しています。世界中の仲間たちと一緒に仕事をすることを通じて、グローバルマインドとスキルを養うことが目的となっております。


画像


短い説明ですが、大変分かりやすくまとまっています。

楽天は、日本での英語社内公用語化を提唱した先駆けです。


多くの批判にさらされながらも、辛抱強く実践されてきました。


楽天の英語化は、非常に良い成功例です。

多くの企業が参考にできる教科書のような存在です。


犠牲にしたものもありますが、

英語化で享受した利益は計り知れないものがあります。



そもそも以前から、海外ビジネスが多い企業では、

英語が必須とされてきました。


ただ、英語社内公用語化となると、

ちょっと次元が違います。


英語を直接使う必要のない部署は、

英語ができない方が大半です。


それは、日本に進出している外資系企業や、

商社などでも同じです。

画像


社内英語公用語化は、どんな会社に必要なのでしょう?


昨今、国内需要だけでは、利益を生むことが難しくなっています。

少子高齢化や人口減少が目前に迫り、

将来は、さらに国内市場が縮小していきます。


そんな中、海外進出を検討している企業も多いはずです。


英語公用語化には相当な時間を費やしますので、

今すぐ取り組みを開始するメリットは大きいです。


海外ビジネスが多い企業は、当然大きな恩恵を受けるでしょう。


多かれ少なかれ、海外ビジネスに注力している企業や、

これから海外を狙っていく企業には、

積極的に、英語公用語化を検討する価値があります。



英語社内公用語化のメリットは?


1.コミュニケーション


英語化の最大のメリットは、通訳を介さずに、

世界中の社員と、充実したコミュニケーションが図れることです。

グローバル企業では、より一層のチーム意識が生まれます。


直接コミュニケーションをとることで、

お互いの信頼関係も構築しやすく、

無駄が省かれ、生産性が大きく向上します。


ビジネスの世界では、

日本語の上下関係を意識した表現が障害になることがあります。


英語では、より自由に対等な立場で発言ができます。


部長の意見、課長の意見ではなく、「誰の意見」かに焦点が当たることで、

意味のある会議となります。



2.優秀な人材の獲得


海外には多くの優秀な人材がいます。

そして、世界の公用語は英語です。


人口が減少していく日本には、

今後、さらに優秀な人材の確保が必要となります。

画像


3.情報共有と情報収集


最先端の情報の多くは英語でのみ知ることができます。

日本語に訳されて紹介されるまでに、常にタイムラグがあります。


また、外国人との情報共有には英語が圧倒的に勝っています。

画像


英語社内公用語化のデメリットは?


1.英語が苦手な優秀な社員への影響


英語化は大きなリスクも伴います。


英語が苦手な方を想定してみましょう。


若い社員や、新しく入社してくる社員は、

対応力がある方も多いでしょう。


しかし、ある程度の年齢の方には、過酷な状況です。


英語が得意でない社員は、

優秀で素晴らしい意見を持っていても、

発言の場が減少していきます。



2.時間と費用


英語化と簡単に言っても、

社員全体の英語力を上げるためには、

相当な時間と費用を必要とします。


それは、楽天の例を見ても明白です。



さて、社内英語公用語化を、批判する意見も多いですが、

中には、的を得ない意見も散見されます。


「日本人の9割に英語はいらない」


突然ですが、日本マイクロソフトの元社長・成毛眞氏の本です。


日本人の1割しか英語を必要としないという主張については、

数字のトリックのような印象を受けました。


画像


上のデータを見て頂ければ一目瞭然ですが、

英語をよく使う人は、日本では非常に少数です。


まあ、実際、こんなもんです。


また、ビジネスで使える英語力も持った日本人なんて、

国民の1%もいないでしょう。


だから、もっと全体の英語力を上げる必要があるんです。


英語ができてもバカはバカ


ちょっと乱暴で、誤解を招く表現ですね。

成毛さんの言い方を借りれば、

英語ができないバカも大勢いますから。


英語を勉強したからといって、

他の能力が下がることはありません。


インターナショナルスクールを出て成功した人はいない

画像

そもそも、インターを卒業した人の数が一般人より圧倒的に少なく、

僕の知る限り、統計学を使った正確なデータはありません。


そんな言い方をしたら、

僕の周りには、インターを卒業して成功を収めた人はたくさんいます。

画像

再度、成毛さんの言い方を借りれば、

「インターナショナルスクールを出て成功した人は多い」

となってしまいます。


この本、斬新でいい意見も多くありますが、

誤解を招く表現が多く、一部の人が悪い勘違いをしています。


英語ができて得をすることはあっても、

損をすることはありません。



「社内英語公用語化」


海外ビジネスに力を入れている企業には、

大きな価値があるはずです。





楽天流
講談社
三木谷 浩史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 楽天流 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




日本人の9割に英語はいらない (祥伝社黄金文庫)
祥伝社
2014-08-08
成毛眞

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本人の9割に英語はいらない (祥伝社黄金文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 66

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック